お悩み解決事例お悩み解決事例

ご相談その1ご相談その1

築40年の実家。両親が他界してから10年間空き家状態で放置。相続登記もしていません。有効活用するためにどこから手をつけたらいいでしょうか。 こちらの専門家に相談しましょう築40年の実家。両親が他界してから10年間空き家状態で放置。相続登記もしていません。有効活用するためにどこから手をつけたらいいでしょうか。 こちらの専門家に相談しましょう
土地家屋調査士 現地にうかがい現況調査します 建築士 あなたに合ったリノベーションプランをご提示します 宅地建物取引士 市場調査と投資シミュレーションはお任せ下さい 司法書士 確実に相続登記の手続きを行います 税理士 売却時の譲渡所得税と賃貸時の不動産所得税の試算をします土地家屋調査士 現地にうかがい現況調査します 建築士 あなたに合ったリノベーションプランをご提示します 宅地建物取引士 市場調査と投資シミュレーションはお任せ下さい 司法書士 確実に相続登記の手続きを行います 税理士 売却時の譲渡所得税と賃貸時の不動産所得税の試算をします

実家を誰が相続するかを協議し、速やかに相続登記手続きに着手することから始めましょう。その協議と並行して、建物の現況調査を踏まえて、更地売却か賃貸するかを投資効率から検討してみましょう。

ご兄弟で協議し実家はお兄さんが相続登記しました。
容積建ぺい率オーバーな建物の為、全面リノベーションし賃貸物件へ再生しました。
建築士からの提案で、マーケット調査にあったプランでの設計を実施したことで、入居者もスムーズに決まり、5年で投資の回収見通しが立っています。
お客様からは、『子ども達への資産を残すことが出来て本当にうれしいです。』との声を頂いています。

ご相談その2ご相談その2

軽い認知症の母(78歳)を父(84歳)が介護しています。実家は長野ですが、自分は千葉、妹は岡山に嫁ぎ、離れて住んでいます。父が万一のときを考え、どうしたらいいのかと悩んでいます。こちらの専門家に相談しましょう軽い認知症の母(78歳)を父(84歳)が介護しています。実家は長野ですが、自分は千葉、妹は岡山に嫁ぎ、離れて住んでいます。父が万一のときを考え、どうしたらいいのかと悩んでいます。こちらの専門家に相談しましょう
税理士 相続財産の確定と相続税の試算をします 司法書士 法定後見制度の手続き相談はお任せください 行政書士 遺言書作成をサポートします 宅地建物取引士 現地に赴いてご実家を査定します シニアライフカウンセラー 施設の選び方と必要経費を相談しましょう税理士 相続財産の確定と相続税の試算をします 司法書士 法定後見制度の手続き相談はお任せください 行政書士 遺言書作成をサポートします 宅地建物取引士 現地に赴いてご実家を査定します シニアライフカウンセラー 施設の選び方と必要経費を相談しましょう

まずは、お父様がお元気なうちに話し合い、家族で介護や相続の方針を決めることが第一です。
お母様が意思能力を欠いた状態なので、お子さんが成年後見人として家庭裁判所へ申請手続きをし、お父様はお母様の介護に必要な経費が賄えるよう遺言書を作成しておくことが必要です。

ご相談した結果、お父様に万一の場合、ご実家を売却した費用と預貯金で、お母様に合った施設への入居金と介護・生活費用が何とか賄えることがわかり、相談者様に安心いただけました。また、お母様の成年後見人を相談者様として家庭裁判所へ申立を行い、相続発生時には利害関係にない方を「特別代理人」として専任することになりました。
お父様の遺言を公正証書にし、遺産分割内容を早めに決めたことで、不安だった気持ちが落ち着いたとの声を相談者様に頂いています。